ICLSで学んだ学生と教師、スタッフを会員とする組織です。クアラルンプール日本人会は日本人社会の相互親睦と日馬間の友好・親善促進という二大目標を掲げ運営マレーシア政府観光局公式サイト ですロングステイ(海外滞在型余暇 ならびに国内滞在型余暇)の普及と啓発活動に努めています。マレーシアの語学学校ICLSの本部のWebサイトですボッスル・プランニング社(日本支部)は、マレーシア政府公認MM2Hビザ正規代理店として、MM2Hビザの申請代行をしています。英会話を安価で学べる語学学校ICLS(所在地KL)への留学ステップを紹介します。
ショッピングセンターFahrenheit88グラウンドフロアからICLS受付へ2011年11月6日, BS TBSでICLS提供のテレビ番組「ドリカムランド・マレーシア」が放送されました本文へスキップ

マレーシアでのロングステイのためのクアラルンプールの英語スクール

学校案内School guidance

ICLSの特長

一日の生活イメージ

ICLSは1990年に設立され、以降26年に亘り外国語教育に携わってきました。

現在は、日本語・英語・中国語・韓国語・マレー語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語の9言語を教育省の認可を取って教える総合語学学校です。

特に日本語コースはマレーシアで最多の学習者が学んでいます。ICLS代表 堤章吉 日本人の有資格教師は22名以上です。

校舎はクアラルンプール首都圏のクアラルンプール、スバン、ダマンサラの3校があります。

ICLSは2000年から日本人ロングステイヤーの招聘に取り組んでいます。 同時にロングステイ財団の初期からのサロンであり、賛助会員でもあります。


ICLSの学校概要

学校名:INTER-CULTURAL LANGUAGE SCHOOL (略称 ICLS)

法人名:INTER-CULTURAL LANGUAGE SCHOOL(M)SDN.BHD

設立:1990年7月19日

学校数:3校(KL校 / SUBANG校 / DAMANSARA校)

従業員数::84名(内教師数70)

在籍学生数:1,800名

コース数:9言語 (日本語、英語、韓国語、北京語、マレー語、フランス語、
ドイツ語、イタリア語、スペイン語)

資本金::払込資本金RM1,500,000

授権資本金:RM2,000,000

代表者:堤 章吉

本部:KL校
Lot D-6, Ground Floor, Block D, Fahrenheit 88,
Jalan Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur.



スバン校(Subang 校)
No. 9, Jalan SS15/7,47500 Subang Jaya,
Selangor Darul Ehsan.


ダマンサラ校(Damansara校)
No.67, Jalan SS21/1A,Damansara Utama,47500 Petaling Jaya,
Selangor Darul Ehsan.


ICLSの沿革

英語学習イメージ

1990年7月19日
INTER-CULTURAL (M) SDN.BHDを設立マレーシアで日本語教育を開始する

1997年1月1日
日本語に加え、英語、北京語、フランス語、マレー語、イタリア語、スペイン語、韓国語、ドイツ語のコースを順次教育省の許可を受けて開講していく

1997年6月24日
学校名をINTER-CULTURAL LANGUAGE SCHOOL (略称ICLS)に変更する

1998年6月1日
スバン(Subang)にスバン校開校

2000年10月
日本人ロングステイヤ―が来校し、英語コースの受講が始まる


2001年11月1日
日本人ロングステイヤ―のサポート会社
ボッスル プランニング社 を設立(BOSL Planning (M) SDN.BHD)
後に「ロングステイ財団」のサロンに指定される

2005年1月1日
ダマンサラ(Damansara)にダマンサラ校開校

2010年3月1日
Fahrenheit88のShop lotを購入し、同所に本部とKL校を移転、現在に至る。